Himeji Cultural and International Exchange Foundation

姫路市文化国際交流財団 国際交流担当

文字の大きさ

標準拡大
HOME > おしらせ > 姫路市長からのメッセージ(やさしい日本語版):3度目の緊急事態宣言の発出を受けて
2021年4月29日 更新

姫路市長からのメッセージ(やさしい日本語版):3度目の緊急事態宣言の発出を受けて

緊急事態宣言の発令にともない、姫路市長がメッセージを発表されました。

やさしい日本語に訳しています。

姫路市長からのメッセージ(やさしい日本語版ルビあり)(PDF形式、388KB)

 

姫路市長からの メッセージ

 

新型コロナウイルス感染症に かかった人が とても 増えました。

兵庫県に、 3回目の 緊急事態宣言が 出ました。

緊急事態宣言は 4月25日から 5月11日までです。

兵庫県では、 新型コロナウイルス感染症に かかって、 入院している人が たくさん います。

医者や 看護師が 足りません。 空いている ベッドが 少ないです。

病気を 治したくても 治すことが できない人が います。

 

新型コロナウイルス感染症が、 もっと 拡がることを 防ぐために、 次のことを して ください。

1.変異株に かかった人が たくさん います。
急ぐ 用事が ないときは、 家に いて ください。
混んでいる 時間に、 混んでいる 場所へ 行かないで ください。

2.感染対策を していない 店へ 行かないで ください。
休んで くださいと お願いしているのに 開けている店へ 行かないで ください。

3.下のことを しないで ください。
・道で たくさんの人と 一緒に 酒を 飲むこと。
・レストランや カラオケへ 行くこと。
・たくさんの人と 長い 時間 飲んだり 食べたりすること。

4.家族から 家族へ うつることが 多いです。
うつさないように 気を 付けて ください。
家に 帰ったら、 手を 洗って ください。
家でも マスクを 着けて ください。

 

姫路市は イベントを 中止します。

姫路城は 入れません。

姫路市の 社会教育施設は 閉めます。
施設の 部屋を 借りることは できません。

学校は 休みません。

子どもの 健康を 守るために、 感染対策をして 勉強して ください。

 

新型コロナウイルス感染症の ワクチンの 接種が 始まります。

入院や 高齢者施設に 入っている人は、 4月の 最後の 週から 始まります。

家に いる 高齢者は、 5月下旬からです。

5月7日から 予約することが できます。

予約は、 姫路市の ワクチン接種予約システム、予約受付コールセンター、姫路市の 病院などで して ください。

 

ゴールデンウィークの 間も、 次のことを して ください。

  • マスクを 着ける。
  • 手を 洗う。
    手を 消毒する。
  • 他の人の 近くへ 行かない。
  • 感染対策を する。

 

一人ひとりが 気を付けて ください。

 

(2021年4月23日)3度目の緊急事態宣言の発出を受けて市長から市民へのメッセージ(別ページが開きます)

Language