Himeji Cultural and International Exchange Foundation

姫路市文化国際交流財団 国際交流担当

文字の大きさ

標準拡大
HOME > おしらせ > 【広報ひめじ6月号】災害<地震・台風など>のために 準備すること(さいがい<じしん・たいふうなど>のために じゅんびすること)
2021年5月25日 更新

【広報ひめじ6月号】災害<地震・台風など>のために 準備すること(さいがい<じしん・たいふうなど>のために じゅんびすること)

やさしい日本語(にほんご)【ふりがなつき】は こちら

姫路市は、 6月から、 「姫路市避難行動要支援者名簿情報の提供に関する意思確認書」という 紙を 手紙で 送ります。

手紙は、 下の 5つの どれかに当てはまる人へ 送ります。

手紙で、 災害のとき 支援<困っていることを 手伝うこと>する人に あなたのことを 知らせるかどうか 聞きます。

届いた 紙に 書いて、 決められた日までに 出して ください。

1.要介護3か 要介護4か 要介護5と 認められた人(※1)

2.身体障害者手帳第1種を 持っている人(※2)

3.療育手帳Aを 持っている人(※3)

4.精神障害者保健福祉手帳1級を 持っている人(※4)

5.災害時要援護台帳<災害のとき 支援を 申し込んでいる人が 書いてある ノート>に 名前が 書いてある人

(※1)要介護・・・介護<病気になった人や、 年を 取った人の 生活を 助けること>が 必要だと 認められた人

(※2)身体障害者手帳・・・姫路市が 身体障害者<体が 自由に 動かない人>に 渡す 手帳

(※3)療育手帳・・・姫路市が 知的障害<知能などの 考える 力が 遅れていること>のある 子どもに 渡す 手帳

(※4)精神障害者保健福祉手帳・・・姫路市が 心の 病気の人に 渡す 手帳

※2020年4月1日から 2021年3月31日の間に、 質問に 答えた人へは  送りません。

詳しくは、 姫路市の ホームページを 見て ください。

 

災害時要援護台帳に 申し込んで ください。

災害のとき、 自分で 逃げることが 難しい人は、 災害時要援護台帳に 申し込んで ください。

自分で 逃げることが 難しい人とは、 年を 取った人、障害が ある人 などです。

回覧板<自治会で 回すもので、 お知らせが 書いてあるもの>などで、 どうやって 申し込むか 見て ください。

 

福祉避難所について 調べて ください。

災害のときは、 指定避難所<災害のとき 逃げる ところ>へ 行きます。

避難所の 生活が 長くなるとき、 年を 取った人や 障害の ある人は 福祉避難所へ 行きます。

福祉避難所について、 ホームページで 見て ください。

保健福祉政策課 221-2455

Language