*** 滞在日誌 ***
7月21日(金)
7月22日(土)
7月24日(月)
7月25日(火)
7月28日(金)
7月30日(日)
7月31日(月)
8月2日(水)
8月4日(金)
8月5日(土)
※派遣生によるレポートです。日付をクリックすると、詳細を見ることができます。

7月21日(金) 

 今日は待ちに待った出発日です。12時間の長旅でしたが、フェニックスに着くとホストブラザーのライアンが日本語のウェルカムボードを持って迎えに来てくれていて、本当に嬉しかったです。6月にホストブラザーと姫路で別れてからそんなに時間が経っていないのに、とても懐 かしく感じました。
 フェニックスの屋外では、乾燥した熱風がドライヤーの風を思わせました。チェイスフィールドという野球場に行き、地元チームのアリゾナ・ダイアモンドバックスの試合を見ました。ホームランを打つたびに観客は大興奮で、歓声を上げる人やリズムに乗って踊り出す人がいて、フィールド全体が揺れて地震のようでした。試合終了後に花火が上がり、音楽とのコラボレーションが抜群で鳥肌が立ちました。感動的な初日でした。

 
7月22日(土) 

 待ちに待ったプロムの日!!みんなきれいなドレスやタキシードを着ていて、少し緊張したけどそれを吹き飛ばすくらい会場は大盛り上がり。一曲目からみんなテンション高く踊っていました。洋楽をもう少し知っていれば良かったなぁと後になってから思いました。初めは周りのテンションとパワフルさに圧倒されました が、みんなが一緒に踊ってくれたり、喋りかけてきてくれたりしたので自然となじんでいきました。
 それから2時間ほど歌って踊っていましたが、ヒールをはいている人のほとんどは、開始10分もたたないうちに脱いで裸足で踊っていました。生まれ育った場所はみんな違うのに、ここまで楽しめるなんて、なんだか不思議な気持ちでした。また参加したいです!

 
7月24日(月) 

 今日はYAEPプログラムのカリフォルニア旅行1日目です。バスでは新しいメンバーと座り、お互いの国のことなどを話しながら楽しい時間を過ごしました。たくさんのメンバーと話すことができたので嬉しかったです。カリフォルニアに着くと、おしゃれな街並みと綺麗なサンタモニカビーチが待っていました。海の水はと ても冷たかったです。
 夕食は、California Pizza Kitchenというお店でピザを食べました。初めて食べるアメリカのピザはとても美味しかったです。Third Street Promenadeという通りを散策していると、GAPやVANSなど、日本にもある有名なお店がたくさん並んでいました。通りにあるYogurtlandというお店では、量り売りのフローズンヨーグルトを食べました。カリフォルニアはアリゾナに比べて涼しい気候で過ごしやすかったです。

 
7月25日(火) 

 YAEPプログラムでのカリフォルニア旅行2日目です!朝から、ジェットコースターしかないSix Flagsという遊園地に行きました。最初は怖かったけれど、一度乗ってしまうと楽しくて、たくさんの種類のライドに乗りました。
 また、パークの中では10人ずつに分かれて行動していたので、他の国のメンバーとも仲良くなりました。夕方まで遊び尽くした後は、IN-N-OUT BURGERというとても人気のハンバーガー屋さんで夜ご飯を食べました。有名なだけあって、とても美味しかったです。そして8時間くらいバスに乗り、ホストファミリーの待つフェニックスへ帰りました。へとへとになったけれど楽しい一日でした。

 
7月28日(金) 

 今日は、午後からのThanksgivingに備えて、午前中にダンスの練習をしました。  
 Thanksgivingとは収穫を祝う感謝祭のことで、それぞれの家からピザやブリトー、アップルパイ、飲み物 などを持ち寄って大切な人と食事します。YAEP全員のホストファミリーが食べ物を持参したので、色とりどりの品が並びどれから食べようかワクワクしました。お腹もいっぱいになり、いよいよタレントショーになると、様々なチームがステージに上がり演技を披露しました。
 私たちのチームは、日本語の音楽を知ってほしかったので、きゃりーぱみゅぱみゅの「つけまつける」と、ももいろクローバーZの「行くぜ!怪盗少女」を自分たちで編集して踊りました。大盛り上がりで嬉しかったです。

 
7月30日(日) 

 今日はYAEPプログラム最後のFarewell partyの日です。朝からホストマザー達と準備のために買い物へ行きました。パーティーでは色々な料理が並び、みんなと思い出話をしながらご飯を食べました。その後、みんなの前で姫路についてのプレゼンを行いました。楽しそうに 聞いてくれたので嬉しかったです。
 また、メンバーの一人が全員の派遣と受入をまとめたムービーを作ってくれたので、みんなで鑑賞しました。たくさんのことを思い出し、ずっと笑いの絶えない時間でした。YAEPのTシャツにメッセージを書き合ったりした後、集合写真を撮り、最後のお別れをしました。他の国のみんなは明日それぞれの国に帰ってしまうけれど、残りの一週間を大切に過ごそうと思いました。

 
7月31日(月) 

 今日は他の国のメンバーたちが自分たちの国に帰ってしまう日!本当にさみしかったです。YAEPプログラムは終了したので、今日はホストファミリーとクッキーを作りました。日本では、生地を作るときに自分の手でこねるけど、アメリカでは機械の中に材料を入れて混ざるのを待つような感じでした。砂糖を入れる量も2倍ぐらい多かったけど、出来上がりのクッキーは驚くほど美味し かったです。
 その後、プールに入りました。プールは入らない日がないというぐらい毎日入っていました。アメリカではプールパーティーもたくさん行われていて、日本にはない習慣だなと思いました。その後、散歩に行きました。アリゾナは暑いところだけど、夕方になると風が吹いていて、外で過ごすのはとても気持ちよかったです!

 
8月2日(水) 

 今日は、アリゾナ州北部の町Flagstaffに来て2日目。早朝に出発してグランドキャニオンへ向かいました。グランドキャニオンの底にコロラド川が見え、何万年もかかって川が削った壮大な景色に自然の偉大な力を感 じました。歩いても歩いても景色が変わらず、途中でリスを見かけた時には、こんな砂漠で生きている小さな命に生命力を感じました。日光がとても強く、日焼け止めは必需品でした。その後、皆でアイスクリームを食べながら、グランドキャニオンをもう一度ゆっくり眺めました。
 フェニックスに帰る途中でセドナという町に寄りました。日本にいるかのような良い雰囲気で何処か懐かしさを感じ、お気に入りの町になりました。

 
8月4日(金) 

 今日はホストファミリーと過ごす最後の日でした。ホストシスターとフェニックスの隣町のスコッツデールに行きました。スコッツデールはアメリカの原住民の雰囲気が漂うおしゃれな街です。そこにあるSUGAR BOWLというお店にホストシスターの友達がみんな集まってくれました。最後に皆と会えて嬉しかったですが、お別れの時はとても寂しかったです。
 夕食はホストファミリー全員でRustler’s Roosteというレストランに、Pork Ribsという豚のあばら肉のステーキを食べに行きました。柔らかくて美味しかったです。アメリカのステーキを堪能できて、大満足でした。レストランは小高い丘の上にあり、夜景がとてもきれいでした。フェニックスの街並みを目に焼き付けました。最後の夕食でホストファミリーととても充実した時間を過ごすことができて良かったです。

 
8月5日(土) 

 今日は帰国当日です。朝早く起きて空港へ向かいました。家を出る時から寂しくて、空港では笑いながら話していたけれど、ずっと泣きそうでした。最初にフェニックス空港に到着した時と同じ場所を通り、本当に日本に帰るのだなと感じました。お別れの時はホストシスターとホス トマザーと何度もハグをしました。ホストシスターに手紙を渡すと、彼女も手紙を書いてくれていました。とても嬉しかったです。必ずまたホストファミリーに会いに来ようと思いました。
 フライトはとても順調で、貰った手紙を飛行機の中で読み、ホストファミリーが本当に恋しくなり何度も泣きました。
 予定通り日本に着き、迎えに来てくれた家族に会い安心した反面、もっとアメリカにいたかったなと感じました。今度は家族も一緒に行こうと思いました。

PAGETOP